マッサージ嬢、デリヘル嬢…風俗嬢はやはりプロ!

The women with big breast

オナニーのし合いっこ

Pink bra

俺はかつて、彼女の家のベッドの下で、バイブと女性向けアダルトDVDを見つけたことがあるという話をしたと思う。
その時俺は、それらを見つけたということを、彼女に話したんだ。すると彼女は酷く怒った挙句、『私のじゃない、友達が忘れていった』とか『友達があげるって言って持ってきたけど使っていない』なんて、見え透いた嘘をついた。

そんな嘘をつかず、はっきり『オナニーが好きだから、1人でいる時間はオナニーするの』と、俺は言って欲しかったんだ。俺は彼女に『俺の前でオナニーをしてみせてよ』と言ったら、彼女は『オナニーなんかしたことがないから分からない』と、また嘘をついたんだ。
俺は女の、そういう嘘が嫌いだ。正直にオナニーが好きですと言えば良いのに、嘘をつく意味が分からなかった。エッチに正直な女性の方が俺は素敵だと思うのに。

彼女は結局オナニーを公開してくれず、俺は自宅へ帰って、デリヘルを呼んだ。
どうしてデリヘルを呼んだかというと、ムラムラしたからだ。彼女がオナニーを公開してくれると思ったのに、『私はオナニーをしない』なんて、見え透いた嘘をつくものだから、女のオナニーが見たくなって仕方なくなったのだ。
デリヘルの女の子が登場して、俺はオナニーを見せてくれということをお願いした。なんなら、オナニーの見せ合いっこをしようと提案した。
絶対彼女にいえば、『嫌、ありえない』と言うだろう。でも、来てくれたデリヘル嬢は、素直に『公開オナニー好きぃ…見せ合いっこしよぉ?』と、俺の提案に乗ってくれたんだ。

俺は風俗嬢のそういうところが大好きだ。
俺の提案に喜んで応えてくれる。性を、エッチなことを楽しんでいることが伝わるし、エッチが好きなことを堂々と全面的に公開しているところが素敵だと思う。

俺はデリヘル嬢とオナニーを見せ合いっこし、2人で同時に逝った。
オナニーの見せ合いっこは、その時人生で初めて行ったので、俺はなかなかの満足感を味わった。彼女とはセックスできるけれど、満足はしない。風俗嬢とはセックスはできないけれど、満足できる。
それは、風俗嬢達がエッチなことが好きであるからだろうし、エッチなことが好きということを隠さず、全力で接客を楽しんでいるからだと思う。

私も気持ち良くして、という意欲

The fat woman

俺が最近ハマっているのは、回春マッサージというものだ。回春マッサージは、最近大流行している。
まだ一度も回春マッサージを利用したことがない人は、性感マッサージと、回春マッサージの区別をつけるのが難しいと思う。まぁ、性感マッサージも回春マッサージも似ているものではあるのだが、根本的に、回春マッサージの方が、女の子の腕前は上だったりする。
というのも、回春マッサージは、エステティシャン出身の女の子が多かったり、店舗に入店してからも、ちゃんと股間の構造なんかの仕組みを勉強させられるらしい。
気持ちい部分や、性欲増進のツボ、男性のGスポットと呼ばれる部分なんかの知識を、店舗の講習会で、勉強させられるらしいんだ。
だから、完全素人の子でも、ある程度研修を行ってから施術に入るらしいので、満足できない結果で終わることが少ない風俗だ。

性感マッサージは、抜いてくれない店舗があったり、おっぱいまでしかお触りが出来ない店舗が多いが、比較的回春マッサージは、抜きまでしっかり行ってくれる店舗が多い。
結構エッチな子も多くって、自分から『触って欲しいです…』なんて言ってくる子もいる。俺はそういう感じが大好きだ。
『嫌、やめて』という女性が多いが、『もっと気持ちよくして』や『もっと触って』という様なことを言える女性が、俺の好みのタイプの女性だ。
回春マッサージの女の子は、俺の身体をマッサージしながら、俺の顔に乳首をすりつけてきたりする。そういう行動は『私も気持ちよくなりたい』という気持ちがよく表れていて、俺の大好物だ。

風俗嬢はやはりプロ

Sexy girl and necklace

デリヘルを呼んだ時も、俺は自分なりの楽しみ方をする。エッチが好きそうな顔の女の子が家に来てくれた時は、わざと『今日は、話すだけで良くない?本当は、今からエッチなことをする気分でも無いんだろう?』
なんてことを言いながら、ちょっと女の子の身体を触るんだ。すると女の子はビクっとする。そうして、エッチが好きそうなその顔が、どんどん、エッチなことがしたいという様な顔に変わっていくんだ。
そんな時、きっと俺の彼女なら『別にしたくないし』という様な、また見え透いた嘘をつくんだ。でも風俗嬢は素直だ。『エッチな接客してあげたいし、私の身体触ってほしいです…』と、正直に言ってくれる。
俺が大好きな、大胆で正直なエロさだ。

素直に正直に言ってくれる女の子には、どんどん触ってあげようと思う。セックスは出来ないが、俺のフィンガーテクで出来ることは、とことん行ってやろうという気持ちになる。
風俗嬢というのはやはりプロで、気持ちの高ぶり方の面でも、男をガッカリさせない。
例えば、こっちはその気の時、女がそんなにエッチなことに乗り気な状態でない場合、男は酷く萎えてしまう。
彼女なんかにエッチなことを求めると『めんどくさい』と言われることがある。そう言われることで、俺は瞬時に萎えてしまうしイライラする。
でも、風俗嬢がすごいのは、こっちの気分の高ぶりをちゃんと理解し、エッチな遊びに付き合ってくれるということだ。
だから俺は、彼女とエッチなことをするより、風俗嬢とエッチなことをする方が満足できるのである。

女はエロくてナンボ

Black underwear

世の中、男はエロい生き物という風に認められているが、どうして女は、エロい生き物として認められないのだろうか。
俺はエロい女が大好きだ。だから、堂々とエロいことをしてくれる女を求めているんだが、一般で出会う女に、なかなかエロい女はいないんだ。
彼女が出来た時いつも思う。今まで付き合った彼女達、みんながそうだ。もっと大胆に、AV女優並にエロくなって欲しいと。堂々とエロいことをして欲しいと思うんだ。
でも彼女達は、騎乗位をする時に開脚をすることを嫌がったり、舐められるのを嫌がったり、おもちゃを使うのすら嫌がる。

俺は嫌がっている彼女達を見て思う。『絶対1人で家にいる時は、もっと大胆になってオナニーをしているくせに、どうして男の前だと、恥じらう素振りを見せたりするんだろう。女は大胆なエロスを出してこそのなのに』と。
以前、付き合っていた彼女の部屋のベッドの下に、女性専用のアダルトビデオと、バイブを見つけた。1人でこんないやらしいことをしているなら、俺の前でも、堂々とオナニーを公開してくれてもいいじゃないかと思った。
エロさを開放してくれないことには、大胆に責めてくれない限りは、俺は興奮しないのだ。恥じらっている素振りより、懸命に大胆にエロいことを楽しんでいる女が好き。『エロいこと大好き~』なんて言える女が好きなんだ。

そんな俺は彼女がいても、彼女とのエッチで満足することができない。全然エロさが足りないからだ。
もちろんそんな状態で、俺の性欲が満たされるわけがない。だから俺は通うんだ、風俗へ(笑)
俺は、色んな種類の風俗を利用する。デリヘル、性感マッサージ、回春マッサージ、ホテヘル、イメクラ等…。彼女が家に来ない日、深夜にムラムラした日はデリヘル。
肉体的な疲れもあるけど、エッチなこともしたいという日は、性感マッサージ。少し性欲減退ぎみと思った時には回春マッサージ。

彼女達は、やっぱりプロだけあって、エッチなことが好きな子が多い。
アソコを俺の太ももに擦りつけてきたり、オチンチン大好きなんて馬鹿正直に言ってきたりする。
俺は風俗嬢の、性に素直なところが大好きなんだ。